大豆レシチン効能

ハイパーレシチンが配合された医薬品・ノチラック

ノチラックは、肝炎や脂肪肝など肝臓に悩みを抱えている方やコレステロールの数値が気になっている方、疲れが抜けにくいと感じている方たちの間で話題になっている医薬品です。

 

 

服用した方のうちの9割以上がリピーターとなっているほど、利用者から高評価を受けています。

 

 

この医薬品の主成分は、ポリエンホスファチジルコリンという成分です。

 

 

これは、大豆から抽出できるレシチンと呼ばれる成分の一種です。

 

 

普通のレシチンとは違って活性状態にあることから、活性レシチンやハイパーレシチンとも称されています。

 

 

このハイパーレシチンには、肝臓でのコレステロールの代謝を促進して、血中コレステロール濃度を下げる働きがあると言われています。

 

 

つまり、摂取することで、血中のコレステロール濃度が高いと起きやすくなる動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞などを予防する効果が期待できるのです。

 

 

また、ハイパーレシチンには肝臓細胞の細胞膜の修復を助けたり、胆汁の分泌を促したりする働きがあるとも言われています。

 

 

これらの働きにより、弱った肝臓の調子が整う他、アルコールの吸収や分解、排出がスムーズに進んで二日酔いをしづらくなることも見込めます。

 

 

アルコールの分解には通常は12時間ほどかかりますが、この医薬品を飲んでいる場合だと、4時間ほどでほぼ分解が済むと言われているほどです。

 

酸素活性化により、代謝がアップ、元気な毎日が過ごせます!

ただし、もちろん、この医薬品を飲み始めたからといって、上記のさまざまな効果をすぐに実感できる訳ではありません。

 

 

個人差もあるので一概には言えませんが、大体3か月から6か月程度飲み続けてから実感している方が多いです。

 

 

なので、それを1つの目安としつつ、用法用量を守って気長に服用を続けるようにしましょう。

 

 

ノチラックの適切な用量は1日に6カプセルです。

 

 

1度に6カプセル服用するのではなく、1日3回に分けて2カプセルずつ服用します。

 

 

朝昼晩3回とも同じ量だけ飲めばいいので、食後に2カプセルと覚えれば、習慣化しやすいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、現在医師の治療を受けている方やノチラックを服用していて何らかの身体の異常を感じた方は、医師や薬剤師に相談して、服用を続けるか否かを判断することが大切です。

 

 

具体的には、この医薬品を販売しているラブ・サンアンドシー医薬品販売株式会社のお問い合わせダイヤルやラブサン薬品・ノチラック事業部のお客様相談室ダイヤルに電話をかけてみましょう。

 

 

電話をかけると、経験豊富な薬剤師がお客様からの質問や相談に回答してくれるからです。

 

>>ノチラック【最安値】通販ショップはコチラから<<